未就学児の天体観測には、スマホ撮影用機器(スコープテック クリップアダプタ)を使うのがおすすめ!

子ども
2020/09/02(iPhone撮影)

先日、スコープテック・ラプトル50という天体望遠鏡を購入しました。

大人が天体観測をする分には問題なく使えましたが、子どもが接眼レンズを覗き込んだら、必ず望遠鏡の位置がズレる・・・。

そんな時に見つけました、クリップアダプタ。

子どもに見せるだけではなく、スマホでもキレイに撮影出来ました!!

<yamato家プロフィール>

  • 2020年8月現在、息子4歳(保育園)、娘6歳(小1)
  • 息子の4歳誕生日に天体望遠鏡(スコープテック社・ラプトル50)を購入
  • 家族みんなで天体観測が楽しい
  • 月のクレーターまで見えて感動!

天体望遠鏡ラプトル50

息子が4歳の誕生日の時に、天体望遠鏡をプレゼントしました。

初心者には、すごく良い天体望遠鏡で、月のクレーターまで見ることが出来て買ってよかったと思っております。

子どもが覗くのが難しい

天体望遠鏡購入後、問題が発生しました。

接眼レンズの部分がかなり小さく、4歳の息子が見ようとすると、おでこや目と接眼レンズがぶつかり、うまく観測できません。

  1. 月の位置と天体望遠鏡の位置と焦点を合わせます。
  2. 「よし、見ていいぞ!」と子どもを呼びます。
  3. 子どもが接眼レンズを覗きます。
  4. ガンッ。(おでこが接眼レンズとぶつかる)
  5. 月と望遠鏡の位置がズレます。
  6. もう一度、位置を合わせて呼びます。
  7. ガンッ。(目が接眼レンズとぶつかる)
  8. いつまで経っても見れません笑

子どもの身長は約100㎝。

どうやら、望遠鏡の高さと身長の高さがちょうど良い高さのようです・・・。

なんとかならないかなと探していると、スマホでの撮影用アダプタというのがありました。

スマホ越しであれば、上手に見せられるのではないかと思い、購入してみました。

スコープテック クリップアダプタ

望遠鏡と同じ会社であるスコープテック社が販売している、クリップアダプタ。

接眼レンズの大きさと合わないと嫌なので、純正を購入しました。

クリップアダプタとは

販売スコープテック社
カラー
価格2,580円(税込)
適用ラプトル50、ラプトル60、アトラス60専用
使用方法クリップを開いて、スマホをはさみ、望遠鏡の接眼レンズに装着(手持ち)

使い方

  1. クリップを開いて、スマホをはさむ
  2. 接眼レンズ部分にはめる
  3. 撮影する

注意点

2つほど、注意したいことがあります。

手持ち

装着後は、手を離せません。

完全に手持ち使用となります。

なので、子どもに見せるときは、親が付きっきりになります。

20mmの接眼レンズ専用

ラプトル50の接眼レンズは、2つのレンズが付いています。

  1. 接眼レンズK20mm
  2. 接眼レンズF8mm

20mmの小さい方しかクリップアダプタは使えません!!

未就学児でも、天体観測が出来ました

さて、肝心の子どもですが、スマホ画面越しに、しっかりと天体観測が出来るようになりました。

やはり、子どもが小さいと、片眼をくっつけるという行為そのものも難しいみたいです。

せっかく天体望遠鏡を買ったのに、「見えない!」ばっかりだったので、買って良かったです。

撮影してみました!

9月の満月はキレイですね!!

スマホ(iPhoneXR)で撮影してみました。

どうでしょう、かなりキレイに撮れたんじゃないでしょうか。

クレーターもしっかり撮影が出来ました。

月、ずっと眺めてられるねと子ども達と天体観測を楽しみました。

ちなみに、このクリップアダプタが無い時の撮影がこちら。

合わすのが、めちゃくちゃ難しくて、ブレブレです。

本当にまともに撮影出来なかったです。

まとめ

天体望遠鏡のスマホ撮影用のクリップアダプタですが、子どもたちに見せる用に良さそうです。

また、撮影についても、今までスマホの焦点が合わずに苦労していましたが、楽に出来るようになりました。

正直、このクリップアダプタが無いと撮影は厳しい!!

 

これで子ども達と楽しく天体観測が出来そうです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました