あいうえおを楽しく覚えられる絵本『あっちゃんあがつく―たべものあいうえお』

子ども

「あいうえお」を自然に覚えてしまう絵本、ご存じですか?

読むとウキウキ、思わず、口ずさんでしまう不思議な絵本。

『あっちゃんあがつく―たべものあいうえお』、オススメです。

<yamatoプロフィール>

  • 2020年8月現在、息子4歳(保育園)、娘6歳(小1)
  • 三年間くらい、ほぼ毎日絵本の読み聞かせをしています。
  • 子どもに絵本を読む時間って、幸せな時間だと思います。

『あっちゃんあがつく―たべものあいうえお』

娘は『あっちゃんあがつく―たべものあいうえお』で五十音を覚えました。

今でも、「め」は?と言えば「めっちゃん めがつく めだまやき」と返してくれます。

構成

  • さいとう しのぶさん著
  • 2001年3月1日発売
  • なんと140ページ!読み応えあり!
  • ロングセラー絵本

「あ」から始まり、「ん」まで。

濁点と半濁点を含めて69音全てのたべものに関する「うた」が、可愛らしいイラストと共に登場します。

見開き1ページに一つの五十音です。

左ページが文章右ページがイラストになっています。

リズムが良い

日本語の七五調リズムって、面白いですよね。

この絵本、五音・七音が多く登場します。

「めっちゃん めがつく めだまやき」

「もっちゃん もがつく もなかをどうぞ」

引用:『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』(みねよう原案 リーブル 2001年)

自然と日本語のリズムに触れることが出来て、日本語独特のリズムを身につけることが出来ます。

また、「口ずさみたい!」と思えるようなリズムになっています。

さいとうしのぶさんの食べ物イラストが良い

絵本作家さんの、さいとうしのぶさん作。

  • 『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』(みねよう原案 リーブル 2001年)
  • 『ぎゅうって』(ひさかたチャイルド 2001年)
  • 『しりとりしましょ! たべものあいうえお』(リーブル 2005年)
  • 『子どもと楽しむ行事とあそびのえほん』(文・すとうあさえ のら書店2007年)

この方の描く食べ物イラスト、めちゃくちゃ良いんです。

ユニークで、温かくて、可愛らしい。

食べ物に目と口が付いていて、食べ物にそれぞれに表情があります。

とても丁寧なイラストで、どんどんページをめくりたくなっちゃいます。

食べ物の名前を覚えられる

五十音だけでなく、食べ物の名前も覚えられます。

それぞれのページで、食べ物たちが楽しそうにしていて、親子で色んなお話が出来そうです。

「あ」に出てくるアイスクリームたちは、

  • カップアイス
  • モナカアイス
  • チョコバー
  • コーンアイス
  • ピノ

たちが登場し、楽しそうに踊っています。

足も生えてますね、しかもみんな違う色の靴履いてる。

アイスクリーム1個100円の文字も。

イラストが超細かい!

 

従って、五十音にはまだ早いかな?という1~2歳くらいの年齢でも充分楽しめます。

1歳くらいで購入しておけば、5歳くらいまでずっと使えそうですね。

プレゼントにオススメ

1~5歳くらいの子どもへのプレゼントに、この絵本めちゃくちゃオススメです。

このくらいの年齢の子どもへのプレゼントって、意外に困ったりするんですよね。

ボリュームいっぱい、リズムよし、イラスト最高。

プレゼントしたら、すごく喜ばれると思います。

読み聞かせにはボリュームありすぎ?

140ページ、一晩の読み聞かせには少し時間がかかりそうです。

実際に読み聞かせをしていたのですが、読み始めると、子どもが絶対にこう言います。

「全部読んで!!」

なので、たまーに、ページを飛ばして読んでいると、

「パパ、飛ばしてる!!」

という、やりとりが生じます!笑

オススメは「ぬ」

個人的なおすすめは「ぬ」です。

「ぬっちゃん ぬがつく ぬかづけ ぽーりぽり」

引用:『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』(みねよう原案 リーブル 2001年)

最後の「ぬかづけ ぽーりぽり」のセンスが良すぎる。

まとめ

  • 自然に五十音(+濁点、半濁点)を覚えられる
  • ボリュームがすごい
  • 食べ物イラストが温かくて、細かくて、可愛らしい
  • 思わず口ずさんでしまうくらい、リズミカル
  • 1歳児~5歳児まで、幅広い年齢で楽しめる
  • プレゼントにもオススメ

親子で楽しめる絵本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました