BALMUDA The Rangeの公式レシピ、フレンチトーストは一度作ってみる価値あり!

子ども

BALMUDA The Rangeを買ってから快適なレンチン生活を送っています。

バルミューダの公式レシピがあるので、色々作りまくっていますが、中でもフレンチトーストは絶品だと思います。

子どもって、フレンチトーストが好きですよね。

これならモリモリ食べてくれます。

スポンサーリンク

フレンチトーストのレシピ

普段のフレンチトーストは、調理時間10分くらい。

でも、BALMUDA The Rangeのレシピを使うと約30分かかります。

まずは、時間のある休日の朝食でしか作れなそうです。

牛乳を温める

BALMUDA The Rangeでは、必要最低限のメニューしか無いです。

「ノミモノモード ミルク 1杯」みたいな分かりやすいメニュー。

まずは牛乳180㎖を温めます。

このミルク1杯メニューはよく使います。

パンをカットする

パンをカット

牛乳を温めている間にパンをカット。

レシピでは食パン2枚ですが、家族4人だと3枚分やります。

そしてもったいないのでパンの耳は切りません。

うん、耳もったいないよ。

確かに耳は切った方が美味しいんだろうけどさ。

ボウルに、卵、グラニュー糖、牛乳を入れて混ぜる。

卵は全卵1個と卵黄2個。

公式レシピではてんさい糖大さじ3ですが、てんさい糖なんて買わないのでグラニュー糖で代用。

てんさい糖がいつもある家はすごい。

こういう公式レシピって、家に無いものが多いですよね。

バットにパンを並べて浸す

パンぎゅうぎゅうですね。

バルミューダのオシャレレシピとはえらい違い。

平凡サラリーマンパパが作ると、オシャレレシピがこうなる。

耳もつけばパンもぎゅうぎゅう。

てんさい無いからグラニュー糖で代用。

まあなんとかなるだろう。

ここにさっき作った液を入れて10分ほど裏表浸します。

温度200°C、時間を10分でオーブンを予熱する

浸している間にオーブンを予熱開始。

ちょうど予熱も10分です。

200℃設定って結構高めですね。

角皿に、パンを並べる。

角皿に、パンを並べる。

充分に染み込んだパンたちを角皿に移動させます。

そして、表面にバターをちょこっとオマケ。

バターは5㎜角だそうですが、ナイフでテキトーに乗せていきます。

若干、めんどくさい作業。

綺麗にバターなんて乗せません。

ナイフでバラバラにカットしちゃいます。

変な形・・・色んなバターの形があって良いんだよ。

バターは絶対乗せたほうが旨い!!

オーブンが温まったら下段に入れて10分待つ。

オーブン、めちゃ熱いので注意です。

普通のフレンチトーストよりもかなりの労力と時間が必要ですね。

でも、旨いから。

一度角皿のパンをひっくり返してさらに5分。

10分経過後

10分たってひっくり返すと、こう。

おおお。

もう確実に旨いだろうな。

焼き加減がまたうまい。

完成!!

あればメープルシロップとホイップクリームを添えてどうぞ。

外はカリッと、中はしっとり。

バターが良い仕事をしてくれています。

今まで食べたこと無いようなフレンチトーストです。

外側のカリッと感がたまりません。

まとめ

さすがバルミューダレシピ。

フレンチトースト、イイネ!

時間が無い平日の朝になんかとても作れませんが、時間がある休日にはもってこい。

子どもが大好きなフレンチトースト。

これは大好評でしたー。

♦ブログランキングに参加しています♦

ブログランキング・にほんブログ村へ

子ども
スポンサーリンク
yamatoをフォローする
フルともパパブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました