リビング学習には、コンパクトなコードレス電動鉛筆削り(Parake社)がオススメ

子ども

娘が小学校入学してから、リビング学習が始まりました。

そして、小学生がこんなにも鉛筆を酷使するなんて知りませんでした。

今まで、手動の鉛筆削りを使わせていましたが、小1娘はうまく削れませんでした。

子どもにも使いやすく、コンパクトな鉛筆削りを探していましたが、ようやく見つかりました。

<yamatoプロフィール>

  • 2020年8月現在、息子4歳(保育園)、娘6歳(小1)
  • 娘が小学校に入学したので、リビング学習を開始
  • 生活を豊かにしてくれるモノを買うのが好き

購入のきっかけ

今年の4月より、娘が小学校に入学しました。

リビング学習を始めたのですが、鉛筆の減り具合が想像以上でした。

小学校で使う鉛筆

  • 鉛筆は4B、6Bの濃さ
  • 筆箱には常時5本
  • 翌日に先の尖った鉛筆を持っていく必要がある

小学校から帰ってくると、リビング学習をします。

その後、筆箱を開けて、鉛筆の先端を確認。

だいたい、5本とも先端が尖っていません。

毎日、全ての鉛筆を削る必要があります。

手動鉛筆削り

今までは手動鉛筆削りを使っていました。

レバーを回して鉛筆を削る手動式の鉛筆削り機、なかなか大変でした。

  • レバーをクルクル回すのが、子どもにとって難しい
  • 削るのに、時間がかかる
  • 回すのが、めんどくさい
  • 大きい。リビング学習では邪魔。
  • 捨てる時も、削りカスがこぼれてしまう
  • 重い

Parake社の電動鉛筆削り 

コンパクトで、子どもでも使える電動鉛筆削りを探していたところ、Parake社の鉛筆削りが良さそうでしたので、購入してみました。

自動停止機能

使い方は簡単です。

上から鉛筆を突っ込むと、自動で削れます。

5~10秒で削れ、自動で止まってくれるので、削りすぎの心配はありません。

大きさ、重さ

大きさは、13.21× 8.13 x 8.13 cm。

重さは玉ねぎ1個分より少し重い、約313グラム。

※公式では330グラム。以下の計量時は、単三乾電池4本含む。

なぜか、いつも玉ねぎと比べてしまう。笑

コードレス

給電方法は1つじゃありません。

  • USBケーブル充電
  • 乾電池(単三電池4本)
  • コンセント充電

なんといっても、リビング学習では、コードレスが便利です。

どこでも削りたい放題です。

うちは、いちいち充電するのが面倒なので、乾電池を入れています。

尚、USBケーブルとACアダプター付属されていました!

削れる鉛筆

突っ込み口にも書いてありますが、6~8mmの鉛筆に対応しています。

ほとんど全ての鉛筆、色鉛筆、木炭鉛筆に対応しています。

削りカスの捨て方

上の蓋を開き、さかさまにしてゴミ箱へ。

上の蓋というところが便利です。

今まで、削りカスケースを手前に引いて、そのケース内の削りカスを捨てるタイプでした。

でも、その方法だと、結構な確率で削りカスが外に出て、周りが汚れてしまします。

これま、逆さまにして捨てることが出来るので、捨てる時に失敗しません。

子どもでも、机を汚さずに捨てられるところが良い!!

また、このダストボックスも大容量で、捨てる手間も省けます。

コンパクト

小さいです!!

リビング学習で使う鉛筆削りって、絶対にスリムでコンパクトなほうが良いです。

自分の部屋に置く分には、そこそこ大きくても良いかもしれません。

しかし、リビングはみんなの共有スペース。

出来るだけ、学習用品で場所を占領されたくありません。

リビング学習には、片手サイズで、邪魔ならすぐに片付けられるコードレスのタイプがオススメです。

値段

2020年9月現在、Amazonで「2,099円」です。

電動鉛筆削りにては、安い!!

手軽に買えるお値段ですね。

自室用の他に、こちらをサブで使うのもありかと思います。

まとめ

  1. 軽い
  2. コンパクト
  3. 自動停止機能あり
  4. コードレス
  5. 大容量ダストボックス
  6. 削りカスが捨てやすい
  7. 子どもでも削りやすい

リビング学習するには、この鉛筆削りがオススメです。

リビング学習環境については、以下のページも参考にしてみてください。

親も子も、より良い環境でリビング学習をしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました