ホットクックでセブンの『吊るし燻製厚切りベーコン』を入れてペペロンチーノをつくってみた

ホットクック

在宅勤務の日がたまにあります。

妻と在宅勤務日が被ると、普段子どもがいたら食べられないものを食べます。

そう、辛いモノとか!

先日はホットクックでペペロンチーノを作ってみました。

<yamato家プロフィール>

  • フルタイム共働き
  • 2020年10月現在、息子4歳(保育園)、娘6歳(小1)
  • ホットクックの購入は2019年6月頃(kn-hw24e-w)
  • 妻より僕の方がホットクックを使いこなしている
  • 料理の腕は絶望的です。

材料

  1. スパゲティ(7分ゆで・太さ1.6㎜)150g
  2. オリーブオイル 大さじ1と1/2
  3. しめじ100g
  4. 塩 3g
  5. セブンプレミアム『吊るし燻製 厚切りベーコン』
  6. にんにく(みじん切り)2片
  7. とうがらし
  8. 水 350㎖
  9. ブラックペッパー

吊るし燻製 厚切りベーコン

セブンプレミアムの『吊るし燻製 厚切りベーコン85g』

大好きです、この厚切りベーコン。

ベーコンが厚くて、うまい!

酒のつまみにぴったりな、しっかりとした味付け。

電子レンジでこのままチンですぐ食べられます!

お値段、税込300円。

これでパスタ作ればうまいだろうな・・・と思って買っておきました。

ちょっともったいない気もしますが、絶対旨いペペロンチーノが作れそう。

作り方

めんどくさがりなので、手の込んだことは致しません。

基本的に、ホットクックで作るものは、材料全部入れてスイッチオンを目指しています。

  1. まぜ技ユニットを本体にセット
  2. 内鍋にスパゲティを半分に折って入れ、オリーブオイルを加えて全体にからめる。
  3. 他の材料を全て入れる。
  4. ホットクックのメニューNo.229(サラダチキンときのこの塩こうじパスタ) を押してスタート。
  5. 約28分で完成。
  6. 器に盛り付けて、ブラックペッパーをかければ完成。

メニューNo.229(サラダチキンときのこの塩こうじパスタ)を使っているのは、公式メニューでオイルパスタっぽかったからで、特にこだわりはございません。

たぶん、No.100のナポリタン風パスタのとかでも出来ます。

このへんのテキトーさでも、ちゃんと美味しく仕上がるのがホットクックの良いところ。

 

ちなみに、メニューNo.229(サラダチキンときのこの塩こうじパスタ)では、出来上がり後に約3分間の加熱が必要ですが、そこまでやると麺が茹ですぎになりました。

完成の合図で食してもオッケーだと思います。

やるのであれば、1分加熱とかのほうが良いです。

 

お味

完成がこちら!

しめじがたっぷり、プリップリです。

ホットクックでつくるキノコ類はいつも口当たりが良い。

ニンニクとベーコンのペアはハズレ無しですね。

また、セブンの厚切りベーコンが旨いのなんの。

しっかりとベーコンの味が付いている麺も旨し!!

 

料理が下手な僕は、ペペロンチーノを作るとき、かなりの確率で乳化に失敗します。

ホットクックだと失敗の心配が無くてイインデス!

まとめ

在宅勤務が多くなってきた今、妻とは普段子どもと食べることが出来ない辛いモノを昼食にしています。

在宅勤務が妻と重なったとき、昼食が結構楽しみなんです。

ペペロンチーノは、シンプルながらも奥深いですよね。

たまに無性に食べたくなります。

セブンの厚切りベーコンは、普段からとても好きです。

これ本当にうまい!

つまみにもぜひご賞味ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました